栄養豊富な沖縄産もずくを最安値で通販!


もずくの通販はこちら

【沖縄もずく.com】
栄養豊富な沖縄産もずく通販。

もすくイメージ
沖縄もずくとは...
「もずく」と言っても、種類は多く、その中で主に食べられているのは、6種類。日本国内での産業的規模の養殖は、沖縄県だけが成功している地域になります。
養殖されているもずくの種類には、もずく(イトモズク又はホソモズク)と、沖縄もずく(フトモズク)とで、大きく分けて種類は2つあります。

その中でよく食されるもずくのほとんどが、「沖縄もずく」で形態は粘着に富み、1.5~3.5mmの太さの褐色から黒褐色の枝が不規則に分岐したもずくで、琉球列島特産種で全国一の生産量を誇っています。

「もずく」は昔から全国各地で食べられてきた海藻であり、沖縄地方では古くよりもずくを三杯酢で食べられていた事で、酢のり=「スヌイ」とも呼ばれています。一般的(沖縄住民以外)には「もずく酢」とよく呼ばれます。

もずくの通販はこちら

購入までの流れ

沖縄もずくの基礎知識

沖縄もずくの基礎とは

もずくとは、もずく科またはナガマツモ科に属する褐藻です。

もずくは他の海藻に付着して生息することから、「藻に付く」という意味で「もずく」と呼ばれるようにったのです。

表面には粘質物がおおく、健康になるための食品として人気です。最近では、高血圧や美肌、育毛効果などにもなると言われることもみられてきました。

 

もずくの主な生産地とは

もずくは100%国産で、4月~7月に収穫や旬を迎えます。

現在では天然のもずくの販売もありますが、6割はロープなどに付着させて育てる方法の養殖もずくが一般的です。

 

1977年に沖縄県の恩納村漁業研究グループと水産業改良習及所との共同研究によって、初めてモズクの養殖に成功。

そしてもちろん国内で最も生産量が多いのは沖縄県で日本国内での生産量90%を占めています。

 

もずくの成分や性質について

もずくに含まれる特徴的な栄養素は、ネバネバ成分のフコイダンやアルギン酸です。

また、食物繊維やカリウム、カロテノイドの一種フコキサンチンが含まれており、生活習慣病の予防や便秘の改善などに働きかけます

 

フコイダンは加熱により体内で使用されやすくなるため、みそ汁や天ぷらなどで食されることも効果的で特に高齢者の方には人気です。

また、特に「もずく酢」として酢と一緒に食べることで、もずくの繊維質が柔らかくなり、もずくの栄養素の吸収が促進され、健康への影響、効果の期待ができます

もずくの事をもっと知りたい方はこちらのサイトで詳しくご紹介しています。